iikuni 鎌倉をよくするアイデア支援!鎌倉の夢に乗っかろう。

鎌倉に和綿を育て紡ぐプロジェクト。 〜植えて、育て、織る。鎌倉からもう一度和綿を広めよう〜

by 〈いろどりのいえ〉

success


協力者の声

応援しています!

応援しています!

鎌倉で和綿を育て糸を紡ぎ布にする


栽培から一貫して自分たちの手で綿布を作り上げることに挑戦



プロジェクトの第一歩として、以下の二つの事を目的とします。

*和綿にふれるワークショップの開催

綿から糸をつくってみませんか?
和綿のことを知り、綿から糸を紡ぐ実体験を通して、感じ考える。


*和綿の種を配り活動の輪を広める

和綿を自宅で育ててみませんか?
個々に育て成長の様子を共有しながら、意識の共有も目指します。

綿にふれる。種をまく。
植物が種から成長し実をつけ、また種ができて仲間を増やして行くように。
小さな一歩から少しずつ成長していく事を願い、このプロジェクトを提案します。



日々すくすく育つワタ。

『和綿』って何?

かつての日本では各土地の風土にあった種類の綿が栽培され、それはお米と同じくらい重要な農作物でした。
それを使って仕立てられた布団・糸に紡いで織られた着物などの「財産」は、幾世代にも大切に受け継がれていました。
しかし、明治以降に産業の機械化が進むと安価な洋綿の輸入が始まり、手紡ぎ手織りという静かな繊維づくりは昭和30年以降徐々に少なくなっていきました。
そうしてついに和綿の生産量はゼロに等しいくらいになり、


今や国内綿繊維の100%近くは輸入されたものなのです。


その輸入綿は、広大な綿畑を持つ国で大量生産されています。
草取りには除草剤、病害虫には大量の農薬、収穫の邪魔になる葉は枯葉剤で落として大型機で収穫。

それが現在の安価な綿製品の原料となっています。

農薬を使わずに栽培されるオーガニックコットンがありますが、和綿にはもともと虫が寄り付きにくいという性質があるため、無農薬でも育てやすいという利点もあります。

ほんの少し前の時代まで、日本の綿は普段の暮らしの中にあり、農薬にまみれることもなかったのです。

日本の綿栽培の衰退とともに、かつて200種類ほどあった和綿の種の多くは絶えてしまい今では数十種が残るばかり。



時代が移り変わっても私たちの生活に欠かせない綿、その中でも昔から一番身近にあった日本の綿「和綿」が絶えてしまっては、なんだか切ない気がします。

その和綿がいつかまた私たちの生活の一部になることを夢見て、和綿プロジェクトを提案することにします。

(参考文献  『わたわたコットン』鴨川和綿農園発行)




ワタの種。硬い種の周りにフワフワの繊維がついている。


プロジェクトを提案する意味

便利になりすぎたこの世の中、「衣・食・住」のどれにおいても、自らの手で作り出すより安価で便利なものを簡単に買い求め消費することが多くなりました。

それによってバランスが崩れていることが、今の生活には沢山あるような気がします。



便利で当たり前ばかりでなく、時には手を使い頭をひねり何かを生み出せたら、
くらしの中の本当に大切なモノが見えてくるかもしれません。

私自身、まだ綿栽培も糸紡ぎもチャレンジし始めたばかりです。

勇気を出してiikuniで呼びかけ、とにかくコツコツ続けていこうと思っています。




チャルカを使って手紡ぎした糸。上は初めてのもの。



対価について

①和綿栽培キット 1,000円
今まで植物は育てたことがないという方やご自宅にお庭がないという方にでも簡単に始められるように、発芽用の培地とファブリック製のポットをセットにしました。

生分解性のコットン袋に入ったココヤシ培地、ココペレット。水に浸すと左のようにふくらみます。


培地に小さなくぼみをつくって種をおき、ココヤシをそっとかぶせてあげます。

コットン袋を湿らすように毎日お水をあげると…

↑発芽!とてもうれしい瞬間です。


↑大きくなったらポットへ移します


↑あまりきつくならないように。

小さいポットには1本、大きめ(直径30cmくらい)なら2本。

プランターなら3~4本くらい。

日々すくすくと成長していますが、どれだけのワタがはじけてくれるでしょうか?秋の収穫の時期が楽しみです。

ちなみに、普通に土に種をまいてももちろん発芽します。



私が何度か試した結果ではココ培地を使う方が発芽率が良かったので、今回は色んな方に簡単に取り組んでもらいやすいように、種にココ培地と不織布のポットをセットにして栽培キットを用意することにしました。

*発送時期について
ワタの種そのものは年内に用意できる予定ですが、種まき適期(暖かくなってくる5月上旬)までの間が長いので、春になってから皆さんのお手元にお届けしようと考えています。





②糸紡ぎキット 1,500円
「糸紡ぎは、とにかく繊維に撚り(より)をかけるだけ。すごく単純なことだからあまり難しく考えすぎないで」と、ある糸紡ぎをされる方からのことば。

確かに、ワタをつまんで指です~っと繊維を引き出してねじる。それだけで糸はできます。

最初はそんなに長い糸はつくれませんが、繊維を引き出すタイミングとくるくる撚りをかけるタイミングをつかんできたら、少しずつ糸が長くなります。その感覚を身につけた時の感覚はなんとも言えないものがあります。

その次の段階の道具として、糸紡ぎコマがあります。私が今回自作してみたのは上の写真の2種類。

手前の小さいのは、100円ショップで見つけた竹製かぎ編み針に5円玉を通したもの。

すごく手軽ですが、初めて手紡ぎするには少し扱いにくいかも。

そこで、手芸店で購入した竹製アフガン針(大きなかぎ針みたいなもの)に、コルク製コースターを取り付けてみました。

棒が太く長くなると、コマをまわしやすくなりました。

今回は、この大きい方の手紡ぎコマと材料のワタをセットにしました。





③ワークショップ参加券 2,500円
ワークショップ開催の頃には、初めて栽培しているワタの実がはじけているでしょうか。

収穫されたワタ、その中から種を取り出し種と繊維に分けます。繊維はカーダーでそろえてふんわりとさせ、指でそっと引っ張り出してみましょう。

カーダーでワタを梳く、指だけで紡ぐ、コマを使って紡ぐ、チャルカで紡ぐ。



↑カーダーでワタをすく


↑チャルカで糸を紡ぐ





④栽培キットと糸紡ぎキットのセット2,500円
上記①と②のセットです。


↑和綿のたね


↑ココ培地


↑エアロポット

 
↑②の糸紡ぎキットと同じ大きい方のコマがセットに入ります。





⑤ワークショップ参加券と栽培キット 3,000円




⑥親子ワークショップ参加券 4,000円
上記④のワークショップに親子で参加してみませんか?





◇今後の継続活動について

*収穫物である「綿」から繊維としての「綿」にするワークショップ
*綿から紡いだ糸で編む・織るなどのワークショップ
*増やした種を小学校などに配布。和綿の種をさらに広める活動。

紡いだ糸を編んだり…


織ったり。






最後に

このプロジェクトによせられるみなさんの気持ちから、
和綿の"わ"が広がっていきますように…
そう願っています。


チャルカわた子さん


「簡単紡ぎコマをくるくる回して糸紡ぎ」

実行者について

〈いろどりのいえ〉

手しごと家、鎌倉市在住。
子どもの頃から糸や布が好き。大学卒業後、織物を学びにスウェーデンに留学。その後、編物・縫物などの作品を個展や書籍などで発表。 現在は主に織物作品を制作している。

☆お問合せは
kamakura.watako*gmail.com
(*を@に変えて下さい)
までお願いいたします

このプロジェクトに協力する

協力金額合計

¥110,000

目標金額:¥ 100,000

110%

残り
終了
協力者数
38

このプロジェクトに協力する

2015/09/18 23:59:00にプロジェクトが成立しました。


¥2,500

栽培キットと糸紡ぎキットのセット

6人が支援中

限定数 残り: 限定 残り14

お届け予定日:11〜12月

¥3,000

ワークショップ参加券と栽培キットのセット

みんなで一緒に糸を紡ぎ、ワタも育ててみませんか?

7人が支援中

限定数 残り: 限定 残り13

お届け予定日:11〜12月

¥4,000

親子で参加できるワークショップ参加券

オトナもコドモもワタとお友達になりましょう。

4人が支援中

限定数 残り: 限定 残り6

お届け予定日:10〜11月