iikuni 鎌倉をよくするアイデア支援!鎌倉の夢に乗っかろう。

子どもたちのために放射線を測定したいプロジェクト

by 鎌倉放射能市民測定室代表 岩田薫

達成後の鎌倉は?

市民の皆さんが口にする食品の放射能の数値を測定し公開することで安心して生活できる鎌倉をめざします。

success


協力者の声

応援しています!

応援しています!

概要

食品の放射能レベルを測定できる放射能測定器を購入し、
市民の皆さんが購入した食品、家庭菜園の野菜、お店等を営む方の商品など、 食品の放射能レベルを測定できるように致します。

私は各地の放射能市民測定室を見学したり、機器の事業者と面談したりする活動を3年前から展開してきました。
測定器はだいたい200万円程度します。そうした中で今年に入って私たちの熱意に打たれ安く提供してもいいという事業者が現れたのです。
50万円以下で購入可能というのは夢のような話です。
そこで急ぎ資金を集めることにしました。

11月20日(木)に J:COM 鎌倉の『7Days Daily』にも出演しました。
※ 動画はこちら(12/4まで視聴可能)

測定器購入後の鎌倉放射能測定室の活動内容

1. 市民の皆さんが購入した食品ほか、家庭菜園の野菜、お店を経営している方などの食材、宅急便で田舎などから送られてきた野菜やキノコ、竹の子など、食品の放射能レベルをなんでも測定します。
(ちなみに鎌倉市が測定をしていた時は(現在閉鎖中)お店で購入した食品しか検査しておりませんでした。)
測定後に数値を出し、国の安全基準と比較してカウンセリングをします。高い場合は神奈川県に再度検査を依頼します。より詳しい検査を行い、 行政の指導をあおぎます。
また、測定値はインターネット上で公表します。

2. 市内の小学校の通学路の
放射能レベルを毎月定点観測し、数値を公表します。



3. 市内の子どもたちの甲状腺の検査を定期的に行います。
大田区にある放射能リスクリサーチセンターと提携し、甲状腺の検査と体内被曝量の検査をします。
医師によるカウンセリングも行います。
子供たちの甲状腺検査は、大田区の放射線リスクリサーチセンターと提携し、 毎週決まった曜日に予約を取り鎌倉からスタッフが引率します。
1回4人から5人を予定しています。

放射能市民測定室の立ち上げについて

福島原発事故後、鎌倉でも放射能の影響を心配する市民が多くいらっしゃいます。 そして鎌倉でもホットスポットと呼ばれる放射能濃度の高い場所が何カ所か出現しています。 学校給食では食材の放射能濃度をサンプル検査する体制をつくりましたが、 全食材を調べることはしておらず、特に小さいお子さんを持つお母さん方から不安の声があがっています。 チェルノブイリ原発事故ではキエフなど原発から100数キロ離れた場所でも子供たちの甲状腺ガンが多発しています。
鎌倉も福島原発から150キロの位置にあるため、同じような事態になる可能性があります。

「市民の危惧の声に答え、
できることはすべて対応できる体制を鎌倉でもつくりたい」

その思いが、今回の放射能市民測定室の立ち上げにつながりました。
原発事故は設置をとめられなかった大人の責任です。
子供たちには何の責任もありません。
子供たちに被害をもたらしたら悔いても悔いきれない。
そう考え市民測定室を開設することにしたのです。

測定器ご利用方法について

測定機器名称:
 ウクライナ製のシンチレーションスペクトロメータ
 SEG-001AKP-S-63(Atom Komplex Prylad社製)

機械設置場所:
 鎌倉市扇が谷に予定しています。

機械の購入:
 来年1月購入予定です。
 稼働は測定スタッフの研修後、下旬から行う予定です。

測定の流れ:
 測定は予約制です。
 500グラムから測定が可能です。
 測定時間は1時間程度いただきます。

測定イメージです。




鎌倉の協力店について

リターンのサービスカードを利用いただける協力店はこちらです。

1. お店のご利用時にカードを見せるとショップポイント2倍のサービス
自然食品の店『KANAYA』自家焙煎珈琲『鎌倉珈琲香房』、『自然食遊楽里』、『エクセルシオールカフェ 鎌倉東口店』(順不同)

2. お店のご利用時にカードを見せると1品サービス
お食事・お弁当『もっこす』
※手ぬぐいカフェ『一花屋 ichigeya』は5/15をもってお取り扱いを終了しております。

3. お店のご利用時にカードを見せると景品プレゼント
先住民族のクラフトショップ『Middles』平塚不動産(順不同)

4. お店のご利用時にカードを見せると5%割引(または50円引き)
『木工品たぬき工房』、駐輪場『小町サイクルパーク』(順不同)

5. お店のご利用時にカードにスタンプ、そのお店のスタンプが3つ集まると放射能測定1回分無料の特典
『たらば書店』『きららカフェ』有機野菜と自然食品の宅配・通販・販売『オーガニックマートよこい』100円ショップ『セリア 西友店』100円ショップ『キャンドゥ 長谷店』『ドトールコーヒー 大船店』鎌倉 腰越のしらす料理と旅館『かきや』くつろぎの里『庄や 大船店』海鮮居酒屋『はなの舞 大船店』『ふじや質店』販売店と買入『市民質庫』、『ニューカマクラ 駐車場』、『長谷パーキング』喫茶・お食事『ほいほい』『鎌倉山下飯店』牛丼『松屋 大船店』、『しらすや』、手打ちそば処『鎌倉武士』、そば『手打ちいし川』、カラオケ『歌うんだ村 鎌倉店』、『ダイヤ時計メガネ店』、『関本豆腐店』、特定非営利活動法人 道(順不同)

6. お店のご利用時にカードにスタンプ、そのお店のスタンプが5つ集まると放射能測定2回分無料の特典
100円ショップ『ザ・ダイソー 鎌倉とうきゅう店』珈琲所『コメダ珈琲 鎌倉深沢店』スコーンと紅茶のお店『ミミロータス ~ mim Lotus』Japanese Casual Dining『和民 鎌倉駅前店』居楽屋『白木屋 大船東口駅前店』『トヨタレンタリース横浜 大船駅東口前店』『紫音』ドスコイ酒場『ちゃんこだるまや』味の食堂『あさくさ食堂』、カフェ『侘助』、カラオケ『ビッグエコー 大船駅前店』、『庄司時計店』、『オハナ動物病院』カフェ『MODERATO ROASTING COFFEE』(順不同)

7. お店のご利用時にカードにスタンプ、そのお店のスタンプが7つ集まると放射能測定3回分無料の特典
『ミカド珈琲 鎌倉店』『無添くら寿司 鎌倉店』『養老乃瀧 鎌倉店』『ふれんど』熱烈中華食堂『日高屋 大船一丁目店』和菓子『力餅家』(順不同)

協力店は引き続き追加予定です。



ご協力いただけるお店募集!

鎌倉市にお店を持つ皆様へ
鎌倉市民放射能測定室のビジョンにご賛同いただき、
協力店になっていただけるお店を募集しております!

このプロジェクトに協力したい、もしくは興味がある方は、
以下のメールアドレスにお気軽にお問い合わせください。

kataribe.k.iwata@docomo.ne.jp

★協力店の特典
月1回ずつ計12回有効の食品の放射能検査無料券を差し上げます。
(500グラムまたは1キロの食品1品目限定で1年間12回有効)
iikuniページへ協力店としてお店の名前、URLを掲載

★協力店へのお願い
iikuniでこのプロジェクトにご支援いただいた方に向けての、
協力店で使える特典をつくっていただきます。

お店の知名度アップや利用されるお客様にとって安心にも繋がります。
ぜひご連絡をお待ちしております!



実行者の思い

福島原発の事故から3年半すぎましたが、
いまなお放射能汚染の恐怖におびえる人々は少なくありません。
鎌倉では、空中線量が事故直後よりも年々少しずつ高まる傾向にあります。 これは、丹沢など山に落ちた放射能が海に近い鎌倉方面におりてきたものと考えられます。
一方、チェルノブイリ原発事故では、子どもたちの甲状腺の異常が事故直後よりも5年目、10年目…と月日がたつほど 大きくなるという傾向がみられました。こうした状況をふまえ、鎌倉で放射能市民測定室を立ち上げることは、 大きな意義があるものと考えます。
少しでも、不安を抱くお母さん方の気持ちに寄り添うことができたらと考えています。



実行者について

鎌倉放射能市民測定室代表 岩田薫

NPO法人 鎌倉市放射能市民測定室は昨年発足し、放射能に関する学習会の開催や体内被曝量の測定を外部と連携をとったり、大気中の放射能レベルを測定する活動をしてきました。
また、代表の岩田 薫は環境保護NPOとして知られる『全国環境保護連盟』代表として、
自然保護活動や野生動物の保護活動に長年係わってきました。
公共事業からの希少種の動植物を守る活動では一定の成果をあげてきました。
今回、地元鎌倉の地で放射能問題と向き合うプロジェクトを推進する運びとなり、大いに燃えています。
このプロジェクトには、認定NPO法人の『鎌倉市市民活動センター』が支援を約束してくれています。

このプロジェクトに協力する

協力金額合計

¥456,000

目標金額:¥ 448,000

102%

残り
終了
協力者数
40

このプロジェクトに協力する

2014/12/28 23:59:00にプロジェクトが成立しました。


¥2,000

・測定利用券(2回)
 2回までの測定利用券を配布します。

2人が支援中

限定数 残り: 限定 残り98

お届け予定日:2015年1月中旬

¥3,000

協賛者としてお名前を掲載
(放射能検査ニュースの紙面/web)

0人が支援中

限定数 残り: 限定なし

お届け予定日:2015年1月中旬

¥5,000

・測定利用券(5回)
・協力店の利用サービスカード

14人が支援中

限定数 残り: 限定 残り86

お届け予定日:2015年1月中旬

¥5,000

・測定利用券(2回)
・岩田さんサイン入り本
「ひとりからの反原発マニュアル」

1人が支援中

限定数 残り: 限定 残り19

お届け予定日:2015年1月中旬

資金使用用途

募集金額の内訳

¥375,000 / ¥448,000

測定機器購入費 + 保守費

¥30,000 / ¥448,000

パソコン通信費

¥43,000 / ¥448,000

その他雑費
・リターン送料
・放射能検査ニュース(紙面/web)制作費
・提携先の医療機関や
 全国の測定機関との連絡調整費、
・同医療機関への検査予約費