iikuni 鎌倉をよくするアイデア支援!鎌倉の夢に乗っかろう。

【去年に続き開催】津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト

by 津波が来る前に高いところへ逃げるプロジェクト委員会

達成後の鎌倉は?

鎌倉市で暮らす人たちが、3.11の東日本大震災を忘れずに、
いつか自分たちの街にくる津波に備え、様々な対策を考えるようになることを希望します。

success

協力者の声

地元福島の想いも込めて応援します。

地元福島の想いも込めて応援します。

概要

去年に引き続き、今年も開催します!
津波が来ても犠牲者を出さないためには、鎌倉市で暮らす人たちが、日頃から、津波に対する問題意識をもつということが重要です。
そこで、9月6日(防災週間の土曜日)に、鎌倉の駅前の交差点のメイン通りの鎌倉生涯学習センターを使って、津波に対する問題意識をもつイベントを始めます。

今年は、鎌倉生涯学習センターに加え、となりの郵便局の壁面も使い、津波が来たときのイメージを再現します。あわせて、関東大震災体験者とのシンポジウム、東北を支援する物産展や、防災グッズの紹介、そのほか様々な防災イベントも開催。
これらの活動で、3.11の東日本大震災を忘れずに、津波に対して、鎌倉市民1人1人が考えるきっかけになればと思います。

なお、このプロジェクトは、
多摩美術大学の学生さんのアイデアがきっかけになり、
鎌倉市や鎌倉にある企業が賛同し有志で集まって始まった企画です。

イベントの詳細は、以下よりご覧いただけます。
http://kamacon.com/bousai/

実行者の想い

東日本大震災が起きた2011年3月11日。岩手県釜石(かまいし)市は、津波に襲われましたが、
小中学生の99.8%は生き残りました。これが「釜石の奇跡」と呼ばれています。

なぜこの奇跡が起きたのかというと、
「地震が起きたらどうするか?」
「どのようにして避難するか?」
を日頃から学校でしつこく教えていたからです。

津波が来たとき、児童たちはバラバラでした。
下校途中の子、友達の家や公園で遊んでいた子、
自宅にいた子、中には海に魚釣りに行っていた子もいました。
それでも、家に帰ったり、友達のところへ行ったりせずに、
自分の判断で、高いところへ逃げたのです。

この「釜石の奇跡」を鎌倉においても教訓にしたい。
犠牲者も出させてはならない。
その第一歩として、防災週間の土曜日に、
鎌倉で暮らす人たちに、津波のイメージを共有します。
このプロジェクトをきっかけにして、
学校や公民館で、防災活動のイベントが
たくさん行われるようになるとよいと思っています。

9/6(土)10:00〜18:00 防災の日イベント

場所:
鎌倉市生涯学習センター

〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1丁目10−5

TEL:
0467-25-2030

大きな地図で見る

鎌倉生涯学習センターを会場に、以下の展示・イベント・配布物の配布を行います

展示
  • 「津波が来たら高いところへ逃げる」津波被害ビジュアルシート
  • ダンボールベッドなど防災グッズの展示
  • 鎌倉地域の逃げ地図の展示
  • 津波ハザードマップの展示
  • 鎌倉逃げ道実験のレポート
  • 90年前の「関東大震災」と鎌倉
    90年前の「関東大震災」と鎌倉
  • 逃げ地図プロジェクト
    逃げ地図プロジェクト
  • 津波ハザードマップ
    津波ハザードマップ
イベント
14:00~15:00
「関東大震災の様子を当時の体験者が語るシンポジウム」
15:30~16:30
「鎌倉の市民の生き方 ~津波より高い心構え~」
10:00~16:00
東北物産展
※鎌倉生涯学習センターにて行います
配布物
  • 「津波が来たら高いところへ逃げる」
    パンフレット
  • ボウサイダー
  • 津波ハザードマップ


イベントの詳細は、以下よりご覧いただけます。
http://kamacon.com/bousai/

実行者について

津波が来る前に高いところへ逃げるプロジェクト委員会

略歴:「津波がきたら高いところへ逃げるプロジェクト」に賛同した有志が集まった委員会。
主催:東北ココロむすぶプロジェクト in 鎌倉
 「津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト委員会」
後援:鎌倉市、鎌倉市観光協会、鎌倉商工会議所、女川町商工会
企画立案:多摩美術大学 美術学部
 グラフィックデザイン学科4年有志プロジェクトチーム

このプロジェクトに協力する

協力金額合計

¥1,460,000

目標金額:¥ 1,430,000

102%

残り
終了
協力者数
74

このプロジェクトに協力する

2015/09/06 00:00:00にプロジェクトが成立しました。


資金使用用途

募集金額の内訳

¥900,000 / ¥1,430,000

シート制作施工費

¥42,000 / ¥1,430,000

リーフレット制作費

¥58,000 / ¥1,430,000

立て看板・のぼり・パネル制作費

¥250,000 / ¥1,430,000

ボウサイダー制作費

¥50,000 / ¥1,430,000

運送費

¥50,000 / ¥1,430,000

防災の日スタッフTシャツ

¥80,000 / ¥1,430,000

展示用パネル制作費

シートおよび防災の日スタッフTシャツは、毎年使用できるように保管する予定です。
また、デザイン費・人件費などは、ボランティアなため、一切とりません。あくまで、制作にかかる実費のみになります。

募集金額を超えた場合

クレジットカード決済手数料、iikuni手数料、ボランティアスタッフ等への実費、東日本大震災復興団体への寄付

シートのイメージ図です。
シートのイメージ図です。
鎌倉在住の安野モヨコさんに「オチビサン」をご協賛いただき、当日配布するリーフレットには、イラストも登場しております。
鎌倉在住の安野モヨコさんに「オチビサン」をご協賛いただき、当日配布するリーフレットには、イラストも登場しております。
サポートいただくとパネルに企業名またはお名前を掲載させていただきます。
サポートいただくとパネルに企業名またはお名前を掲載させていただきます。